株式公開(IPO)支援

東証マザーズなどの新興市場ができてから、設立から年数が浅くても、また売上規模がそれほどでない企業でも上場することが可能になりました。
しかしながら、株式公開は専門的な知識や経験を要することから、対応可能な税理士は限られます。

当社の強み

当社には、マザーズ上場企業の会社設立から上場までの実経験があります。 取締役として実際に上場に関わり、審査対応担当を行った経験を活かし、御社の株式公開をサポート致します。

サービス内容

株式公開を目指す会社がまずやらなければならないことが2つあります。
一つは、監査法人と契約し、2期分の監査証明を得ること。
一つは、証券会社と主幹事契約を結び、コンサルティングを受けること。
いわゆる証券取引所の上場審査というのは、この二つを達成した後に迎えることになります。

当社では、上場審査の経験から監査法人、証券会社との良好なお付き合いがあるので、まず最初に監査法人及び証券会社と契約ができるよう、 上場に向けて必要なアドバイスや社内体制の整備のお手伝いをさせていただくことになります。

具体的には以下の項目をメインとしたご支援が可能です。

  • 1.株式公開スケジュール立案
  • 2.資本政策立案
  • 3.経営計画(年次予算、中期利益計画、資金繰り表)の作成
  • 4.取締役会等の会議へ出席と、予算と実績の分析
  • 5.諸規程、内部管理体制、決算作成体制等の整備
  • 6.VC・銀行・証券会社向け事業計画作成に関するアドバイス
  • 7.税務申告をはじめとした税務業務 

報酬

当社では、税務顧問の延長としての契約を前提とさせていただいております。 通常の税務顧問料+αの費用でサービスさせていただくため、他の専門コンサルタントと比較して低料金にお受けすることが可能です。 また、現在の顧問税理士と並行して契約する、いわゆるセカンドオピニオンとしてのご利用も可能です。

お問い合わせはこちら
ページトップへ